有利な駒の取り合いをする

 いきなりチェックメイトに持ち込むのは至難の技です。
 今回から、どのように優位を築くか具体的なテクニックを紹介します。

 一番分かりやすい優勢は駒得です。戦力で優位に立てば少しずつ相手を追い詰めることができるわけです。

 各駒の力はもちろん状況によって変わってくるのですが、基本的にポーンを1とすると、ビショップとナイトが3ルークが5クイーンが9であると言われています。キングは取られてはいけないので価値としては無限大ですが、戦力としては大体4くらいと考えられています。
 この数字を駒を交換するときの目安にしてください。

 具体例(図1)を1つ見てみましょう。

図1



 白番です。白には取れる駒がたくさんありますが、どの駒を取るのが最も得といえるでしょうか。ここで、先ほどの駒の点数を使います。

 1.Rxb6(図2)

図2



 戦力が9であるクイーンを取りました。

 1…Rxb6(図3)

図3


 戦力が5であるルークを取り返しました。

 さて、ここで、お互いの駒の損得を見てみると9点の駒を取って5点の駒を取られた白が差し引き4点得しているので、有利な交換をしたと考えられます。

 次回から駒得をする手筋をいくつか紹介していきますので、お楽しみに。

前の記事 次の記事