ルークとキングで詰めるには

 今回はルークとキングで相手のキングを詰める方法を勉強しましょう。
 クイーンと比べるとルークは斜めには動けない分、相手キングを詰めるのに工夫が必要となります。図1で白番として始めます。

図1 白番



1.Ra6+(図2)

図2 黒番


 1マス挟んでお互いのキングが向かい合っている状態を「見合い」といいます。この状態で横からルークでチェックすることで、相手キングを一列盤の隅へ追いやることができます。この繰り返しで盤の端でチェックメイトにすることを狙います。

1…Kf7 2.Kf5 Ke7 3.Ke5 Kd7 4.Kd5 Kc7 5.Kc5 Kb7 6.Ra5!(図3)

図3 黒番


 黒キングは6…Kc7として自分から見合いの状態に入るしかありません。ルークで手待ちをして相手から見合いに入るのを強要することがポイントになります。

6…Kc7 7.Ra7+ Kb8 8.Rh7 Kc8 9.Kd6
 見合いから1マスずらして、黒の方から見合いに入ってくるように仕向けます。

9…Kb8 10.Kc6 Ka8 11.Kb6 Kb8 12.Rh8#(図4)

図4 チェックメイト!!


 見合いの状態で横からチェックしてチェックメイトです。

前の記事 次の記事