トッププレイヤーの実戦例

 今回は実戦例を紹介します。1858年の試合で、白は当時のトッププレーヤーのポール・モーフィーです。この試合で、モーフィーは盤を見ずに指したと言われています。

1.e4 e5 2.Nf3 d6 3.d4 Bg4?! 4.dxe5 Bxf3 5.Qxf3 dxe5 6.Bc4【図1】

図1 黒番


 白はf7を攻めつつ素早く駒を展開して、すでに主導権を握っています。

6…Nf6 7.Qb3【図2】

図2 黒番


 b7とf7のポーンを同時に狙い、黒は防戦一方です。

7…Qe7
 f7のポーンを守りました。

8.Nc3
 b7のポーンを取るよりも駒の展開を優先しています。

8…c6 9.Bg5 b5【図3】

図3 白番



 黒も反撃を試みますが……。

10.Nxb5!!
 白は駒の展開で大きくリードしているので、ナイトを犠牲にして攻勢に出ます。

10…cxb5 11.Bxb5 Nbd7【図4】

図4 白番



 黒もなんとか攻めを止めていますが、ここで白の指した手は……。

12.O-O-O!
 キングを逃がしつつ、ルークを急所であるd7のナイトに当てています。攻防一体の好手です。

12…Rd8【図5】

図5 白番



 ここから巧妙な手順でh1のルークも活躍させます。

13.Rxd7! Rxd7 14.Rd1
 d7のルークはb5のビショップによって動けません。動けない駒に圧力をかけていくのは常とう手段です。

14…Qe6 15.Bxd7+ Nxd7【図6】

図6 白番



 白は黒に体勢を立て直すすきを与えません。

16.Qb8!! Nxb8 17.Rd8#
 白の勝ちです。白はすべての駒を効率よく使っていて、よいお手本となるゲームです。

 連載記事はいったんこれでおしまいです。何度も読み直して自分のものにしていただけると嬉しいです。


前の記事