少しずつ相手キングを盤の隅へ

 今回は2つのルークで相手のキングを追い詰める手順を紹介します。

 図1の図で白番として話を進めていきましょう。

図1 白番


1.Rh3(図2)

図2 黒番


 チェックは掛けずに、相手のキングが渡れないライン(図中赤矢印)を作って動ける範囲を制限します。

1…Kf4 2.Ra4+(図3)

図3 黒番


 もう1つのルークでチェックを掛けることにより、黒キングを少しずつ盤の隅へ追いやります。あとはこの繰り返しです。

2…Kg5 3.Rb3
 黒キングに狙われないよう転回します。

3…Kf5 4.Rb5+ Ke6 5.Ra6+ Kd7 6.Rb7+ Kc8 7.Rh7 Kb8 8.Rg6 Kc8 9.Rg8#(図4)

図4



 最後は盤の隅でチェックメイトです。

 このように少しずつ相手キングを盤の隅で追いやっていくのは他の駒の組合せでも全く同じです。むやみにチェックを掛けないのがポイントです。

前の記事 次の記事